「クロマニヨンクロマニヨン」どうも、黒魔道士の天王寺エスモです。

 

 

 

私、ついに秘密で開催されているという先日黒魔術教室(月額会費12万8千円)へ入会しまして。

 

魔法が使えるからどんなものかと思ってたのですが、意外と簡単でした。

 

 

 

黒魔術の指導者、ウロボロス佐藤先生にライターを渡されて、「ファイヤーと唱えてごらん」と言われました。

 

 

 

「ファイヤー!!」

 

 

 

するとライターから火がぶわっと出てきたのです。

 

 

 

「いやこれ、ライターやん」

 

 

 

って誰かが突っ込んでましたが、裏に連れて行かれてましたね。叫び声が聞こえてましたけど。

 

そしたら先生がこう言いました。

 

 

 

「君は合格だよ。真名を与えよう」

 

「真名?」

 

「君の魂は本当は別の世界のものなんだ。そこでも役割を持って名前を与えられてるんだよ。その名を君も使うといいでしょう」

 

 

 

どういうことか分からないのですが、私の魂は違う世界と繋がっているらしいです。

 

 

 

「君の名は――。天王寺エスモ」

 

 

 

そして、天王寺エスモという名前を与えられたわけです。

 

 

 

「新手の新興宗教ですか?」

 

 

 

と尋ねてみたんです。そしたら・・・

 

 

 

「君がそう思うのなら、そうかもしれないし違うかもしれない。この世の真理は未来と結果に委ねられている」

 

 

 

とウロボロス伊藤だか佐藤だか、先生はそう主張されました。

 

 

 

「12万8千円返していただきたいのですが・・・」

 

 

 

と聞いたのですが、急に。

 

 

 

「あっ!!別世界との交信が始まる!!」

 

 

 

と言って離れていかれました・・・。何か損した気分です。

 

 

 

とりあえずあと7回通えるので、その時次第ですね。